Blog Page

便秘に苦しむ赤ちゃんへの対処法

便秘は大人であっても苦しいものです。子育てをしている親御さんからすれば、我が子の一大事だと感じるのではないでしょうか。

そんな便秘に対してどのような対処方法をとると良いのでしょうか。
基本的に、赤ちゃんの便秘の多くは問題がないことが多いとされています。原因の多くは、赤ちゃんの母乳不足、もしくは運動不足、もしくは生理的なものとされています。赤ちゃん便秘

そのため、それらを改善するだけである程度は楽にできるといえます。もちろん、母乳不足については、お乳の出が悪い場合にはどうしようもない事ですので、その代わりに運動不足を解消することや、オリゴ糖などを試してみる事で解決する方法を考えてみても良いかもしれません。
ただ、赤ちゃんの便秘の中でも、5日以上継続しているような便秘や、赤ちゃんの機嫌が非常に悪い場合は必ず病院にて診てもらうようにするべきと言えます。

たかだか便秘と感じるかもしれませんが、赤ちゃんは外部に対する抵抗が非常に弱いため、少しの事で生命の危機に瀕することが珍しくありません。5日以内で、機嫌が良い場合は基本的に生理的なものとして考えても良いですが、それ以外はなにか体内で異常が起こっていると考えられるためです。

出来るだけ、赤ちゃんが苦しまないようにもし不安があれば受診を考えてみるような心づもりで、育児に望むことが良いことだといえるのではないでしょうか。

薬と健康食品は全くの別物

女性にも男性にも、そして若い方から高齢の方まで、さまざまな方たちが利用している健康食品ですが、みなさんは健康食品にどんなイメージを持っているでしょうか。

便利なもの、そして手軽に栄養素を補えるもの、これらは間違っていないのですが、お薬のようなもの、病気を治せるもの、というような認識は全くの間違いです。サプリメントなどを含む健康食品に、間違ったイメージを持っている方が多いようです。

上でも言ったように、サプリメントなどは病院で処方される薬のように体の不調を治してくれるものでもなければ、摂取すればするだけ効果がある、というものでもないんですよ。普段、どうしても摂取しきれない栄養素を補うため、つまりは普段のお食事のサポート、補助係として扱うべきもので、決してお薬と同等に考えてはいけないものなんです。

そして必要以上の摂取は体の中の栄養のバランスを乱し、時には取り返しのつかないような、恐ろしい健康被害を招いてしまう、ということも有り得るんですよ。そして最後に、複数の健康食品を併用することについて、基本的には問題はありません。

ですが、どちらの製品にも同じような成分が含有されているという場合、その成分を重複して多量に摂取してしまうことになりますので、それには注意が必要になります。ですからまずは、ラベルなどに書かれている成分表示や注意書きといった部分をしっかりと読んで、それから製品を摂取するようにしましょうね。

話題の黒ウーロン茶

健康食品、というといろいろなものが頭に浮かびますが、最近ではテレビCMなどでも毎日のようにさまざまな種類の健康食品を目にします。

サプリメントなども健康食品の一種であり、ビタミンやミネラルといった不足しがちな栄養素を手軽に補えるということで、若い女性に特に人気があります。同じく女性に人気なルイボスティーは、美容にも体にも良いということで、最近、雑誌などでも取り上げられることが多くなりましたよね。

そしてお茶と言えば黒ウーロン茶も人気で、こちらは女性よりも、外食が多い、また体重が気になってきた、というような男性からの人気が高いようです。黒ウーロン茶は、食事の際に一緒に飲むことで、脂肪の吸収を抑えて排出を促す効果があるという、体に脂肪がつきにくくなるウーロン茶のこと。

特定保健用食品にもなっていて、その効果は多くの人が実感しています。最近なんだか腹回りが気になってきた、体脂肪が不安だ、というような方にオススメで、食事の際に、350mlを目安に飲むのがベスト。香ばしくさっぱりしたその味わいは、脂っこい食事にもピッタリですよ。どんなときも美味しくいただける黒ウーロン茶ですが、薬を呑む際には控えましょう。

黒ウーロン茶にも、他のお茶と同様にカフェインやカテキンといった成分が含まれていますので、薬の効果を極端に弱めてしまう可能性もあります。ですからお薬は他の飲み物ではなく、しっかりとお水で呑むよう注意しましょうね

サプリメントは食後30分以内に

テレビCMや雑誌などで、目にしないことはなくなったといっても過言ではない健康食品ですが、情報が溢れかえってしまって、一体どれを信じるべきでどれを疑うべきなのかが分からない、という方も多いのではないでしょうか。

まず、実はたくさんの方が間違って認識してしまっている、量についてなのですが、健康食品の効果は摂取するその量で決まる、というのは信じてはいけません。サプリメントなどの健康食品を過剰摂取には、大きなリスクがあるもので、過剰摂取したことによる、康被害の報告はどんどんと増え続けています。

理由としては、特定の成分極端に多量に含んでいるサプリメントを、過剰に摂取してことで、体の中の栄養バランスが乱れてしまった、ということです。サプリメントなどの量は、注意書きにある量を守って、それ以上は摂取しないように気をつけてくださいね。そして、いつ摂取しても一緒、と思われている方も多いと思います。

これは半分アタリで、いつ摂取しても健康被害が出るなどの問題はなく、本当にお好きな時間に摂取していただいても構わないのですが、効果が一緒、というわけではありません。食後30分以内、というのがベストタイミングなんです。

これはなぜかと言うと、食べた食事と一緒に吸収されるため、栄養素の吸収効率が他の時間に摂取する時と比べて、格段に高くなるのです。逆に空腹時に摂取すると、胃壁をあらしてしまう可能性もありますので、注意したいですね。

 

健康食品の保存方法など

忙しい現代人の生活には、欠かせないものとなった健康食品ですが、まず健康食品と言うとサプリメントを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

カプセル状、タブレット状、リキッドタイプのものなどもありますね。いろいろな種類のものがあるサプリメント、不足しがちな栄養素を補うために、継続して摂取しているという方は多いでしょう。ですが、どんな健康食品にも言えることなのですが、摂取するにあたって、いくつかコツやポイント、注意しなくてはいけないことがあるんです。

第一に原則お水で呑むということで、ジュースは元よりコーヒーやお茶で摂取すると、カフェイン、タンニンといった成分が栄養素とくっついて、吸収を悪くしてしまうためです。その他にも効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまったりすることもあって、体に負担をかけてしまいますので、注意が必要です。

そして次に、保存方法についてですが、保存するときはしっかりと密封した状態で高温でさらには多湿となる場所、直射日光にあたるような場所は避けるようにします。

冷暗所で保存というのが基本ですが、液状のものなど、製品によっては冷蔵庫での保管が正しいということもありますので、注意書きを確認するようにしましょうね。他にも、過剰摂取気、体調が優れない場合の摂取、といったことには気をつけながらサプリメントなどは利用することが大切。正しく健康食品を利用して、健康を守っていけるといいですよね

ルイボスティーで美容を意識する

健康食品というと、日常生活では摂取しきれない栄養素を補うための、サプリメントなどをイメージする方も多いのではないかと思いますが、健康食品というのは広い意味で使われる言葉ですので、日々の健康を保つ上で摂取したい食物など全般を指しています。

サプリメントなどももちろん健康商品の一種ですし、今では本当にいろいろな種類の健康食品があるわけですが、若い女性を中心に人気、需要があるもの、と言えばやはり、ダイエット効果や美容効果があるような製品になりますね。

その中でも最近、美容や健康に敏感な女性から注目されているのがルイボスティーです。ルイボスティーは南アフリカの、広大な大地で育った生命力溢れるお茶で、女性に嬉しい、美容に効果のあるビタミンB1やビタミンB2、さらにマグネシウム、カリウムといったミネラル成分などが、バランスよくたっぷり含まれているんですよ。

そして嬉しいことに、ルイボスティーというのはノンカフェインのお茶。小さなお子様や高齢の方、またカフェインが気になるという妊婦の方にも安心安全で、どなたでも飲むことができますので、食事の際など、家庭に出す飲み物としても最適です。

ダイエットや健康維持のためというのはもちろんのこと、普段から油分の多い食事が多い、忙しく外食が多い、という方にもピッタリなルイボスティー。さらには、何かと話題に上がることの多くなった活性酸素が気になるという方にも、オススメですよ。

気をつけたい目安量について

10代から20代の若い方たちに特に多い、慢性的な野菜不足。そのせいで、ビタミンやミネラルといった栄養素が足りていない、健康に支障が出ている、という方が今とても多いのだそうです。

そういった方たちの中には、健康食品を日常的に摂取している、という方もいるのですが、健康食品というのは、ただなんでもかんでも摂取すればいいというわけではありません。そして摂取すればするだけ効果がある、というわけでもないものなんです。

まず健康食品を摂取する前に確認したいことは、病院でもらったお薬を呑んでいないかということで、なぜかと言うと、サプリメントなどの中には、医薬品の効果を強めたり弱めたりしてしまうものもあるからです。服薬している方は、医師へ相談してから摂取するようにします。

次に、摂取の際は記載されている目安量を守って、正しく摂取するようにしましょう。呑んだ数、量だけ効果があるということは決してありませんし、特定の成分を過剰に摂取してしまわないためにも、その量にはしっかり気をつけましょうね。そして異常が現れた場合は、直ちに摂取を止めましょう。健康食品は確かに、手軽で簡単に栄養素を補えるものですが、まずは普段の自分の食生活などを見直す、ということも忘れないようにしなくてはなりません。

最初から頼るのではなく、工夫しながら食事を作ることで、苦手な食材であってもできるだけ摂取できるように心掛け、バランスの良い食生活を目指しましょう。

健康食品の落とし穴

インターネットで展開する通販サイトなどでも、手軽に手に入れられるようになった健康食品ですが、みなさんはサプリメントなどの製品に対して、正しい知識を持っているでしょうか。

健康食品を摂取する上で、はまってしまいがちな落とし穴を見てみましょう。よく、健康食品の利用を開始してすぐに体の不調を感じることがあっても、それは最初のうちだけで、効果が出ている証拠である、という風に思っている方がいます。

ですがこれは完全な間違いで、体の不調があらわれた際は、すぐに摂取することを止めて、症状があまりに酷いようでしたら病院への受診も考えましょう。「この△△を摂取すると体に発疹が見られる場合がありますが、これは○○が××なため、一時的にあらわれるものですので、そのままお召し上がりください。」というようなことを書いてある場合もありますが、これにも注意が必要。

こんな症状が出る可能性がある、という記載が最初からしてあることで、安心してしまいそうですが、これが大きな落とし穴なんですね。こういった強い効果が期待できる、即効性等がある、などと誤認しやすい表現の仕方には注意をしなければ、適切な病院受診の機会を失ってしまいかねません。

他にも肝機能障害の報告などもあるようですので、体に不調があらわれてしまった場合、そしてその不調が健康食品との関連が疑われる場合は、摂取を直ちに止め、医師に相談の上で保健所などへ連絡するようにしましょう。

 

服薬をしている方は注意

ドラッグストアなどに行くと、必ずと言っていいほど目に入る健康食品ですが、私たち現代人の生活に欠かせないものになりつつあります。健康食品は基本的には誰であっても利用できるものですが、6歳以下の小さなお子様や、妊娠している女性、何らかの病院で治療薬を呑んでいるという方など、特定の人は避けた方が良い、という場合も少なからずあるんです。

特に何らかの治療薬を呑んでいるという方なのですが、健康食品を一緒に呑むことで薬の効果を強めてしまったり、逆に弱めてしまったりするんです。それだけでなく、病気を悪化させてしまうことも、薬が効かなくなってしまうこともあるそうですので、充分に注意したいポイントになります。

ですから、お薬を呑んでいる方で健康食品を摂取したいという場合は、まずかかりつけのお医者様に相談をして、アドバイスをもらってから、というのがベストでしょう。勝手な判断で摂取することだけは、避けるようにしましょうね。

そして逆に、健康食品の利用に伴って、お薬の服用を自己判断で止めてしまうというのも、絶対にしてはいけないことです。その他にも風邪などで体の免疫力が低下している状態での摂取も、まずはお医者様へ相談をしてから、というのが望ましいですし、その時々の体調と言うのはとっても大切。

人によっては発疹はかゆみ、発熱といったアレルギー反応が出るという方もいますし、そのような症状が出た場合は直ちに摂取をやめるようにしましょう。

 

海外製健康食品の安全確認

不足しがちな栄養素を補ってくれる健康食品は、今や、現代人の生活に欠かせないもののひとつになりましたが、健康食品というのは日本でのみつくられるものではなく、海外で作られたものも多く販売されています。

販売されているものの場合、輸入事業者がその健康食品の安全性を確認をすることが義務付けられているので、責任というのは輸入事業者にあります。ですが、海外製の健康食品を「個人輸入」するという場合、その製品の安全性を確認するのは購入した本人であり、購入者自身が安先生の確認を行うということになります。

インターネットのオークションなどでも、手軽に購入できる時代です。ですが、ダイエット用健康食品を謳う中国製の無承認無許可医薬品を利用して、その製品による健康被害が相次いだ、という例も実際にありましたよね。

ですから、製品の安全性がしっかりと確認できないという場合、利用はやめましょう。そしてインターネットオークションなどへの知識が十分でない方は、身近にいる詳しい人に、相談をしてから購入することをオススメします。健康被害を招いてしまってからでは遅いので、しっかり注意しましょうね。

海外製のものに限らず、健康食品は特定の栄養成分が凝縮されているものですので、目安量に注意をしていなければ、過剰摂取を引き起こしてしまう危険性もあります。ですからまず成分表示などをしっかり見て、不安な点がないことを確認してから摂取するようにしましょうね。