妊婦のビタミンA過剰摂取は危険

今では本当にいろいろな種類の健康食品を見ますが、情報が溢れ、どの製品に関するどのような情報を信じるべきなのか、なんだか難しいように感じますね。
どんな情報も信じてしまうというのは、あまりにも浅はかなことですし、食品は直接口から摂取するものなので、気をつけて選びたいもの。

そこで健康食品に関するある噂について、少し見てみたいと思います。
体にいい成分、美容にいい成分というのはたくさん摂るほど効果もアップする、という噂についてなのですが、これは真っ赤なウソ。

健康食品は、特定の成分を凝縮して、小さなカプセルやタブレットにはいっていることが多いものなので、目安量以上を摂りすぎるとかえって体に悪いのです。
不足分を補って整えるはずの成分が不足分を超えてしまうことで、バランスを乱してしまい、健康被害を招くこともあるんですよ。

中には妊娠前3カ月から妊娠後3カ月にかけて、ビタミンAを過剰に摂取した女性から生まれた子供に先天性の異常が見つかる割合が上昇した、という報告もあります。
ですから、体に良いといっても適切な量というものがある、ということを意識して、必要以上に摂取してしまわないよう、気をつけましょう。

表示されている目安量をきっちりと守るよう心掛け、さらに複数の健康食品の利用を考えているという場合は、同じような成分を重複して摂取してしまわないように、それぞれの成分表示を確認してから、摂取するようにしましょうね。

妊娠の便秘|おなかの赤ちゃんへの影響を考える
妊娠中の便秘解消法についてまとめたサイトです。お腹の赤ちゃんにやさしい解消法は?便秘を早めに解消すべき理由とは?

子供の便秘にいい健康食品

子供が便秘になったとき、ご経験のある方は分かると思いますが、親としてもとてもつらい思いをします。

特に幼児期になると、トイレに行くのを怖がって泣き叫ぶこともあるのです。

これは便秘でウンチが硬くなったために、排便するときに鋭い痛みを感じたり、お尻の穴が切れて出血し、激痛を感じるからです。

子供が何度も便秘を繰り返すようであれば、そのような排便習慣が癖になってしまっていることが考えられ、放置しておくと治るどころか悪化してしまいます。

排便を我慢しすぎることで、便意を感じにくくなったり、結果として直腸に硬い便がたまり、すき間からウンチが少しずつ漏れる便漏れになることもあるそうです。

子供の便秘が慢性化しないためにも、お腹の調子を整えてくれる健康食品を毎日摂取するのがお勧めです。

子供の便秘に効く健康食品というと、種類が多くなくて見つけるのが難しいのですが、その中でもダントツおすすめできるのはカイテキオリゴというオリゴ糖の食品です。

オリゴ糖は便秘の改善効果があることが以前から知られていました。

便秘は多くの場合、腸内細菌のバランスの乱れから生じるとされています。

食生活や生活習慣の乱れ、ストレス、運動不足などから腸内細菌のバランスが崩れて、健康によくない腸内環境が出来上がってしまうのです。

子供の便秘と腸内環境の関係については以下のサイトでも詳しく説明されていました。

乳幼児の便秘もう泣かないで|子どもの便秘解消サイト
http://xn--fkq84am8am81awi6a.jp/

悪化した腸内環境をもとの元気な状態にも戻してくれる力がオリゴ糖にはあります。

それはオリゴ糖が腸内細菌である善玉菌の大好物だからです。

善玉菌とは人間の健康に有益な働きをしてくれる細菌類のことで、腸内環境が良い状態というのは、この善玉菌が活発に働いている状態なのです。

善玉菌は腸内に届いたオリゴ糖を食べることで、酸を産生しますが、この酸の働きで腸がの動きは活発化しますし、腸内に水が呼び込まれてうんちもやわらかくなるのです。

さらに健康に有害な細菌である悪玉菌の増殖も抑えられますから、便秘が改善されるだけでなく、免疫力もアップするというわけです。

このようにオリゴ糖は便秘の改善効果か期待でき、しかも薬ではなく、天然原料の食品ですから子供にも安心して飲ませることができる点が一番のポイントです。

カイテキオリゴは、オリゴ糖食品の中でも純度がほぼ100%という特徴あり、しかも数種類のオリゴ糖が最適な配合比率でブレンドされているため、より高い効果を期待できます。

既に発売以来大好評で、2分に1個売れている大ヒット商品です。

薬と健康食品は全くの別物

女性にも男性にも、そして若い方から高齢の方まで、さまざまな方たちが利用している健康食品ですが、みなさんは健康食品にどんなイメージを持っているでしょうか。
便利なもの、そして手軽に栄養素を補えるもの、これらは間違っていないのですが、お薬のようなもの、病気を治せるもの、というような認識は全くの間違いです。

サプリメントなどを含む健康食品に、間違ったイメージを持っている方が多いようです。
上でも言ったように、サプリメントなどは病院で処方される薬のように体の不調を治してくれるものでもなければ、摂取すればするだけ効果がある、というものでもないんですよ。

普段、どうしても摂取しきれない栄養素を補うため、つまりは普段のお食事のサポート、補助係として扱うべきもので、決してお薬と同等に考えてはいけないものなんです。
そして必要以上の摂取は体の中の栄養のバランスを乱し、時には取り返しのつかないような、恐ろしい健康被害を招いてしまう、ということも有り得るんですよ。

そして最後に、複数の健康食品を併用することについて、基本的には問題はありません。
ですが、どちらの製品にも同じような成分が含有されているという場合、その成分を重複して多量に摂取してしまうことになりますので、それには注意が必要になります。

ですからまずは、ラベルなどに書かれている成分表示や注意書きといった部分をしっかりと読んで、それから製品を摂取するようにしましょうね。

話題の黒ウーロン茶

健康食品、というといろいろなものが頭に浮かびますが、最近ではテレビCMなどでも毎日のようにさまざまな種類の健康食品を目にします。
サプリメントなども健康食品の一種であり、ビタミンやミネラルといった不足しがちな栄養素を手軽に補えるということで、若い女性に特に人気があります。

同じく女性に人気なルイボスティーは、美容にも体にも良いということで、最近、雑誌などでも取り上げられることが多くなりましたよね。
そしてお茶と言えば黒ウーロン茶も人気で、こちらは女性よりも、外食が多い、また体重が気になってきた、というような男性からの人気が高いようです。

黒ウーロン茶は、食事の際に一緒に飲むことで、脂肪の吸収を抑えて排出を促す効果があるという、体に脂肪がつきにくくなるウーロン茶のこと。
特定保健用食品にもなっていて、その効果は多くの人が実感しています。

最近なんだか腹回りが気になってきた、体脂肪が不安だ、というような方にオススメで、食事の際に、350mlを目安に飲むのがベスト。
香ばしくさっぱりしたその味わいは、脂っこい食事にもピッタリですよ。

どんなときも美味しくいただける黒ウーロン茶ですが、薬を呑む際には控えましょう。
黒ウーロン茶にも、他のお茶と同様にカフェインやカテキンといった成分が含まれていますので、薬の効果を極端に弱めてしまう可能性もあります。
ですからお薬は他の飲み物ではなく、しっかりとお水で呑むよう注意しましょうね。

サプリメントは食後30分以内に

テレビCMや雑誌などで、目にしないことはなくなったといっても過言ではない健康食品ですが、情報が溢れかえってしまって、一体どれを信じるべきでどれを疑うべきなのかが分からない、という方も多いのではないでしょうか。

まず、実はたくさんの方が間違って認識してしまっている、量についてなのですが、健康食品の効果は摂取するその量で決まる、というのは信じてはいけません。
サプリメントなどの健康食品を過剰摂取には、大きなリスクがあるもので、過剰摂取したことによる、康被害の報告はどんどんと増え続けています。

理由としては、特定の成分極端に多量に含んでいるサプリメントを、過剰に摂取してことで、体の中の栄養バランスが乱れてしまった、ということです。
サプリメントなどの量は、注意書きにある量を守って、それ以上は摂取しないように気をつけてくださいね。

そして、いつ摂取しても一緒、と思われている方も多いと思います。
これは半分アタリで、いつ摂取しても健康被害が出るなどの問題はなく、本当にお好きな時間に摂取していただいても構わないのですが、効果が一緒、というわけではありません。

食後30分以内、というのがベストタイミングなんです。
これはなぜかと言うと、食べた食事と一緒に吸収されるため、栄養素の吸収効率が他の時間に摂取する時と比べて、格段に高くなるのです。
逆に空腹時に摂取すると、胃壁をあらしてしまう可能性もありますので、注意したいですね。

このページの先頭へ